2019年5月16日木曜日

三回目おわり。

正信偈講座「正信偈のなかみ」三回目が終わりました。本日も三十余名のご参加ありがとうございました。三回目にして正信偈前半(依経分)の内容にはいりました。予定にあわせて毎回1時間でもって確実に進んでゆきたいと思います。それでは本日の板書を手直しと加筆を加えて掲載します。

 次回は6月20日、羽咋幼稚園バザー準備の関係もあって、本念寺本堂で行います。

普放無量無邊光 無碍無對光炎王

清淨歡喜智慧光 不斷難思無稱光

超日月光照塵刹 一切群生蒙光照

をやります。

2019年5月15日水曜日

三回目、予定通りやります。

正信偈講座「正信偈のなかみ」は明日5月16日19時より本念寺で予定どおり行います。今回は、

法藏菩薩因位時 在世自在王佛所
覩見諸佛淨土因 國土人天之善惡
建立無上殊勝願 超發希有大弘誓
五劫思惟之攝受 重誓名聲聞十方

のところです。「無量寿経」、本願について説かれているところです。

2019年5月10日金曜日

仏法は難しい。

「仏法は難しい」と言います。その通りです。わたしも、ちんぷんかんぷんな本を沢山かかえています。でも、それはほんとうに難しいということでしょうか。それは言葉として難解なのではなく、私たちの考えと全く異なるから、根本的に理解に苦しむということではないでしょうか。
私たちは努力と発展を基として生活しています。努力すれば発展する、発展すれば報われる、これは人間社会を動かしてゆくためには有効な考えですが、根本的に「人間の都合のよい様にする」というものですから、「都合のよい様にならなかったらどうする」という事象については、全くフォローされません。努力して都合よくならないときは、我慢するか人生を嘆くか、どちらもあまりいい受け取りかたではありませんね。
仏法は「都合どおりになって解決するなんて、ごまかしである」という立場で人間の人生を見ます。「都合よくしてはいけない」ということではありません。「都合よくしてもかまわないけど、根本的な問題は解決しない」というのです。たしかに努力しても都合よくできないことは沢山あります。老死なんてまさに都合よくないけれども、誰もが直面していく問題です。一方、都合よくなれば問題ないかというと、べつに都合よくなったからといって「これで満足」とか、あまり感じることもないですね。あるのは更に求めてしまうという状態なのではないでしょうか。貯金はどこまでしても十分だとは思えない。楽しいことも、もっと、もっと、ばかりできりがない。綺麗になれば劣化する心配が出てくる。やっぱりいいことだけじゃない、ややこしい。この人間社会のことを娑婆と言いますね。サンスクリット語の「サハー」の音写が娑婆です。サハーを翻訳すると忍土、耐え忍ばなければならない世界という意味です。「娑婆の空気は美味い」なんて台詞がありますが、使い方をまったく誤っていますね。
このように、仏法はなんでも都合よくするための教えではありません。苦労はするし、病気にもなる。収入は、頑張りしだい、縁しだい。時がたてば老いるし、老いればいろいろ都合が悪くなるし、そのうち娑婆ともサヨナラするし、という人間の生活は何も変わらない。けれども変化はある。仏法に遭えば生活の質が変わる。どういうふうに変わるのかと言えば、苦労はするけど苦労でなくなる。夢とか目標とか言って求めていたものよりももっと大事なものを発見できる。人間が普段求めている「都合のよい生活」とはまったく違った世界をひらいてくるのが仏法です。これは言うならば人間理性の否定です。「仏となるために一切の努力を要求しない」のがお念仏の道ですから、理解して、実行して、上手くやって、という考えからは、とうてい受け入れることのできないものがあります。これが仏法の難しさのいちばんの原因ではないでしょうか。仏法は「道」であります。仏道なんていいます。人間には受け入れがたい教えだけれども、道はこの私たちのもとにまで来ています。親鸞聖人は「聞思」とおっしゃいました。仏法を「聞いて」仏法を生活に「思って」、それを繰り返してゆけば業になる。人間をほんとうに動かすものは業です。業を重ねてゆけば、気が熟すればひらける。生活が変わる。間違いなしに仏となれる不退転の生活をはじめられる。と、言うわけで、わからんなりにも重ねることが大事ということでないでしょうか。わたしも実感としてあります。10年前にちんぷんかんぷんだったことがここに来て受け取れるようになった気がしてます。大事なのは継続的な努力ではありません。「願い」だそうです。仏法を聞きながら寝ちゃってもちゃんとはたらくんだそうです。

2019年4月18日木曜日

正信偈のなかみ二回目の板書

正信偈のなかみ二回目の板書に追記してアップします。
今晩もたくさんおいでいただきありがとうございました。おかげでやる気が発生します。聞いていただけると言うことが法話することのご褒美であります。
住職

2019年4月17日水曜日

正信偈講座二回目、予定どおりに行います。

4月18日木曜日の「正信偈のなかみ」は予定どおり夜7時から本念寺で行います。毎回確認していただいてすみません。

お経のなかみ

お経には、長生きするとか、病気を治すとか、成功するとか、偉い人間になるとか、そういうことは全く書いてありません。書いてあるのは苦労だらけ、思い通りにいかないことだらけの「この人生」をいかに生きたらよいかという心のありかたです。これを「度す」、「わたす」と言います。「どうしたらいいですか?」という問いに親鸞聖人のお師匠さま法然上人は「ただ念仏」とお答えになりました。「ただ念仏」って、「?」ではないですか。けれどもそこから仏法を求めるという生活が始まるわけです。
長生きしても、短命でも、人間社会で成功してもしなくても、健康でも不健康でも、そういう人間の価値を突き抜けて「他と取り替えできないこの私を生きる」ということに着地することが仏法のご利益だと考えます。これは決して妥協するというのではありません。仏教では「諦める」といいますが、これは通常わたしたちが使う悪い意味ではなく、明らかにみる、自分を本当に覚って惑わず迷わずに生きるということです。私たち人間は自分に夢をみています。夢をみて、おまけに人生に注文をつけて生活しています。そして、注文どおりでなかった人生を嘆き苦しみます。その夢から覚ましてくださるのが仏さまのはたらきです。仏法という法に出遭ってこれまでを越えた生活が始まるのです。だから、快不快、損得にこだわってどうにもこうにもならない、自分を失って生活している状態から脱出することがお経のなかみであるわけです。

明日の「正信偈のなかみ」第二回目は「帰命無量寿如来、南無不可思議光」をお話しします。

2019年3月22日金曜日

正信偈講座「正信偈のなかみ」一回目終了。

昨日「正信偈のなかみ」第一回目をしました。50名ほどおいでになってびっくりした、ありがたかったです。予想して余分にみて用意した配布物が40セットでしたので、追加の印刷でいろいろお手伝いいただきました。

一回目で聞いていただきたかったのは、正信偈は親鸞聖人が自ら「たすかった!」「人生を生き抜くこの上ないものにあった!」という事実のうえに歌われた偈(仏教での歌のこと)です。内容を知っているとお得な面もあるかと思いますが、究極的には損得を越えた、人生を全うする生活にはいる門であります。「なんで生まれてきたのだろう」「最後は死ぬのにどうして生きなければならないのだろう」「幸せとはどういうことなのだろう」という現代人の問いも受け止める法について説かれているものが、この正信偈という歌です。正信偈のなかみはこの上なく圧縮されているので、一句一句に込められた教えを解凍するとびっくりするくらい大きくなります。だから、3年間かけてやりますと申しました。それから、19時にはじまって20時にはかならず終えますと誓いました。
「正信偈のなかみ」は一回目から連続して聞いていないとわからない講座ではありません。また、全部出るというのも励みになりますが、同時に大変なところも出てくると思いますから、出れるときに聞きにきていただくくらいが丁度よいのではないかと思います。

まずは、一回目、講座に出席くださったかたがたへのお礼をもって投稿を終えます。

住職