2019年3月14日木曜日

正信偈のなかみ御案内

真宗大谷派 北方山 本念寺 

やさしい正信偈講座

「正信偈のなかみ」のご案内。

平成三十一年、三月二十一日木曜日 晩七時から 本念寺にて正信偈講座をします。
これから、毎月第三木曜日の晩七時、毎回一時間を目処に、三年間、三十六回で正信偈の内容、「帰命無量寿如来」から「唯可信斯高僧説」まで正信偈の内容に触れてゆくことを目標にします。講師は本念寺住職がつとめます。やさしいとつけましたので、わかりやすさには気をつけます。

正信偈とは、
六十行百二十句の歌で、浄土真宗の宗祖親鸞聖人のお書きになった歌です。
最初の二句は「正信偈」全体にたいする親鸞聖人のお心が表明されているところです。総讃といいます。そして三句目「覩見諸仏浄土因」から四十四句目「難中之難無過斯」までを依経分と言って、お経(お釈迦さまが説かれた教え)から内容をひいております。四十五句目「印度西天之論家」からを依釈分と言います。念仏の教えが誰にでも・いつでも・どこででも歩むことのできる仏道であるということを、インド・中国・日本の七人の高僧が確かめられてきたという内容が歌われています。

正信偈のなかみに触れるとどんなことがあるのか。
他人にどう思われるか気になって仕方のない人には、外聞があまり気にならん生活が開かれる。人と比べて、すぐに有頂天になったり、自己卑下して嫌になる人には、比べる必要のない生活が開かれる。苦労は嫌だ楽がいいと逃げ回った人には、逃げんでいい生活が開かれる。思い通りにならない人生を、思い通りにならないそのままで喜んで受け取る生活が開かれる。生きている甲斐がない、虚しいということのない生活が開かれる。いまここに、このままで、自分が百八十度転回することで、新しい生活が開かれる。それが親鸞聖人がお説きくださった仏法の利益です。この正信偈をとおして、仏法にふれる会として、この「正信偈のなかみ」を催します。

興味のあるかた。若いかたもお年を召したかたも、忙しいかたも時間のあるかたも、この機会に「正信偈のなかみ」に触れてください。初回から参加できるチャンスは一度だけです。

平成三十一年二月十五日 本念寺 住職 飯貝 孝介

現在予定している日程では、三月二十一日、四月十八あ日、五月十六日、六月二十日、七月十八日、八月十五日、九月十九日、十月十七日、十一月二十一日、十二月十九日になります。日程の変更はインターネットの「はくい 本念寺 イイガイさんのブログ」(http://iigai3.blogspot.com/)にあげますので、前日か当日ご確認ください。お葬式がでると日程が変更になります。確率としてはそれほど高くありませんが、念のためインターネットで確認できるようにします。本念寺にお電話いただいても確認できます(0767-22-0355)。

2019年3月13日水曜日

やさしい正信偈講座 本念寺で。

正信偈のなかみというタイトルの正信偈講座を、毎月第3木曜日19時から行います。毎回1時間をめどに、3年間全36回で全部終えることを目標にします。予定の変更はこのブログページで前日を目処におしらせします。第3木曜19時がお通夜等と重なった月は第4木曜19時に変更することをきほんとします。第1回目は2019年3月21日木曜日です。

2016年3月21日月曜日

お斎(とき)

きょうのお斎の御膳であります。午後からは太子講、住職がおはなしします。

2016年2月8日月曜日

お寺で人生相談!?

 お寺も葬儀式や法要だけでなく仏教の教えを活かすはたらきが必要だねと、いう家人とのはなしのなかで「お寺で人生相談したらどうかね?」という話がでました。人生相談!どういう人生相談になるかと想像してみました。

 そもそも人生相談とは、問題にたいして「どうしたらよいか」を問いにゆくものだと考えます。すなわち、相談の根っこには「どうしたら」英語でいう「How to ?」が埋まっているのです。そして、相談の先には、目標達成とか、問題解決とか、いわゆる自分の望んだ通りになるという終着点が設定されているのであります。

 それで、仏教の教えは、その「どうしたら」を離れることを目標とするのです。自分の望んだとおりにならなくても大丈夫になることを目指すのです。すなわち、問題を解決する方法を相談に来たのに問題を問題を問題ではないことに転化してしまうのが仏の道なのです。ですから、もっとお金もうけしたいと相談に行ったのに、お金がもうからなくてもよくなるというようなもので、「どうしたらよいか」に強く固執しているひとほどキツネにつままれたようで、釈然としない結果になるかもしれません。だから、お寺で人生相談をやってもあまり活用されないかもしれないです。ほんとうは、相談ごとというのは、「こうしたい!解決したい!」という欲求に火をつけるほど流行るものなんです。たとえば、「年をとりたくない」というひとは「こうしたらいい」がどんどん出されると熱中して熱くなる。そして、その熱中してアンチエイジングに励んでいる間だけは加齢する苦を忘れることができる(スピノザさん談)。ほんとうは加齢を止めることなんてできないとわかっているはずなんですが、いつか望んだ通りにならなくなるときが来ると知っているはずなんですが、とにかく人間は苦を忘れたいんです。それに対して、仏教は加齢しない方法を教えるんじゃなくて、まえむきに加齢してゆくことのできる自分をつくる。だからある意味問題解決になっていないかもしれないし、ある意味究極の問題解決でもあるわけです。

 だから人生の苦にたいする予防として、普段から仏法を聞いてもらうのがいいと思います。親鸞さんは教行信証の信の巻のなかで、まず聞きなさいと説かれています(聞)。そして、いまの自分に照らし合わせて考えてみなさい(思)と説いております。真宗の仏道は聞くことだいいちであります。まだ努力によって解決できる余地のある相談はいちばんしっくりしないのだと思います。もう少し努力すればなんとかなるとわかっているからです。だけれども、万策尽き果てて、もうどうにも解決できない、自分の望んだ通りにすることができないと行き詰って絶望したら、ふたたび仏法が効いてくると思います。絶望は阿弥陀さんからのよびかけです、「ほんとう」のすぐそばまで行っているから絶望するのです。そこで、阿弥陀さんは「もうちょっとこっちへおいで」と呼びかけます。自力(自分の都合)を捨てて他力で成り立っている「ほんとう」に着地しなさいと呼びかけるのです。

2016年1月1日金曜日

としこし。

くらいですね、2015年12月31日、除夜の鐘です。

11時半から1時頃まで、ご門徒さん、近所の方々がポツポツ鐘をつきにいらしてました。

そして、その本念寺除夜の鐘でくばります、「煩悩饅頭」。この世で本念寺の除夜の鐘以外食べることのできないおいしいお饅頭です。煩悩を流すんじゃなくて、食べる。食べて煩悩をつけて年越し。阿弥陀仏の誓願にひかれて仏道を歩むのには煩悩おそるるべからずであります。住職デザインの「煩」の字がおされております。次に食べるチャンスは一年後。

2015年9月23日水曜日

あさ、報恩講の準備

本日より3日間(26日もいれると4日間)本念寺報恩講であります。

報恩講初日、23日はあさの6時から準備ではじまります。

おー、高いところまであがりますね。

2015年9月15日火曜日

南無塾、大丈夫そう。

明日、2015年9月16日19時から予定しております「南無塾」(仏教で考える、仕事とわたし。)は予定どおりに行います。本念寺 住職 飯貝 孝介。
場所は、〒925-0122 石川県羽咋郡 志賀町倉垣1 6 倉垣集会所であります。

現在時刻は 9月15日4時11分。